胃カメラ検査・大腸カメラ検査|かしいはま内科・内視鏡クリニック|福岡市東区香椎浜の消化器内科

〒813-0016
福岡県福岡市東区香椎浜2丁目8番26-2
092-661-8533
WEB予約
ヘッダー画像

胃カメラ検査・大腸カメラ検査

胃カメラ検査・大腸カメラ検査|かしいはま内科・内視鏡クリニック|福岡市東区香椎浜の消化器内科

上部消化管内視鏡検査(胃内視鏡検査、胃カメラ)

上部消化管内視鏡検査(胃内視鏡検査、胃カメラ)

一般に「胃カメラ」とも呼ばれます。胃がんの早期発見のほか、食道がん、逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、ピロリ菌感染性胃炎などの様々な病気を診断することができます。口や鼻から先端にCCDカメラが搭載された内視鏡を挿入し、食道、胃、十二指腸を直接観察できるため、X線検査に比べて微小な病変の発見に優れています。必要に応じて内視鏡先端部から鉗子(かんし)を出して、病理診断用の組織を採取することもあります。検査時間は5〜10分程度です。胃カメラ検査は苦しくてこわい検査というイメージを持たれる方が多いですが、現在は苦痛を和らげる色々な選択肢があります。
当院では、苦痛なく安心して内視鏡検査を受けていただけるよう様々な工夫を施し、患者様一人ひとりにあった検査方法をご提案させていただきます。お気軽にご相談ください。

苦痛を少なくする工夫

①麻酔(鎮静剤)を使用しての検査も可能

麻酔(鎮静剤)を使用して内視鏡検査を受けることができます。
鎮静剤を使用することで喉や身体の力が抜け、内視鏡の挿入や消化管の観察自体をスムーズに行うことができます。
体格や状態に合わせて鎮静剤の種類や量を調整して行いますが、中には眠ったままで検査を終える方もおります。
内視鏡検査に苦手意識を持たないことが最も大切ですので、希望があれば遠慮なく仰ってください。鎮静剤を使用した場合は効果が切れるまでリカバリールームでしばらく休憩していただきます。
鎮静剤を使用した場合には、お車の運転は原則できなくなります。
(鎮静剤に関してご不明な点がございましたら、医師と相談して下さい) 

②嘔吐反応を軽減する細径内視鏡

口から挿入する内視鏡検査で苦痛に感じる原因の一つが、嘔吐反射(オエーッとなる“えずき”の反射)です。挿入時に内視鏡が舌の根元に触れることで起こりますが、外径(5~6ミリ程度)の細い内視鏡を使用することで、この嘔吐反射を最小限にすることができます。

③鼻からの胃カメラ検査

鼻から細い内視鏡を挿入する経鼻内視鏡検査では、内視鏡が舌の根元に触れることなく進みますので、嘔吐反射が起こりにくくなります。また鎮静剤を使用しなければ検査中に医師や看護師と会話をすることもでき、安心感が高まります。

胃カメラ検査の流れ

1

検査予約

外来受診時にご予約ができます。
Webで予約することもできます。
※WEBでの予約は一部ですので、希望する日付での予約ができない場合はご相談ください。

2

検査前日

夕食は21時までに済ませてください。

3

検査当日

コップ1杯程度の水は飲まれてもかまいません。
朝の内服薬は飲まないで下さい。
※胃カメラ終了後に内服していただくことで問題は生じません。ご不明な場合には当院までご連絡ください(電話092-661-8533

検査枠の15分前までに、絶食で受診してください。診察後に検査を行います。
※WEBで予約された場合、診察の結果、内視鏡検査が不要と判断されることもありますのでご了承ください。

「問診票」「同意書」をダウンロード・印刷していただき、記載して持参していただきますとスムーズに診療が進みます。

4

検査

検査用ベッドに横になっていただきます。
経鼻内視鏡の場合には、鼻腔麻酔を、経口内視鏡の場合には喉麻酔を行います。
注射で麻酔薬(鎮静剤)を使用し、リラックスした状態で検査を受けていただきます。
検査時間5~10分

5

検査後

鎮静剤から覚めた後、医師から検査の結果説明を受けた後に、帰宅していただきます。
鎮静剤を使用した場合には、お車の運転はできなくなりますのでご注意下さい
(鎮静剤に関してご不明な点がございましたら、医師と相談して下さい)

胃カメラ検査でわかる代表的な疾患

①下記の症状がある方

  • 胸やけ、胸のつかえ、胸の痛み、のどの違和感、慢性の咳
  • 胃もたれ、食欲不振、上腹部の痛み、みぞおちの痛み
  • 口の中が酸っぱい、苦い
  • 貧血がある、黒い便が出た

②40歳以上で一度も検査を受けたことがない方

40歳を越えると、一般的に胃がんの罹患率が上昇するといわれています。
胃がんは早期発見・早期治療が何より重要です。年に一度は胃の検査をご検討ください。

③検診や人間ドックのバリウム検査で異常を指摘された方

④健康診断でピロリ菌を指摘された方

胃カメラ検査でわかる代表的な疾患

  • 逆流性食道炎
  • 食道がん
  • ヘリコバクター・ピロリ感染症
  • 胃炎
  • 胃ポリープ
  • 胃潰瘍、十二指腸潰瘍
  • 胃がん
  • 十二指腸がん
  • 粘膜下腫瘍
  • 消化管悪性リンパ腫

下部消化管内視鏡検査(大腸内視鏡検査、大腸カメラ)

下部消化管内視鏡検査(大腸内視鏡検査、大腸カメラ)

一般に「大腸カメラ」とも呼ばれます。肛門から内視鏡を挿入し、直腸から盲腸までの全大腸を調べて、炎症、大腸ポリープ、大腸がんの有無などを診断することができます。検査の際には診断のために組織の一部を採取(生検)することがあります。また希望する方には大腸ポリープの切除も行います。
大腸がんは、発症に加齢、飲酒、喫煙、食の欧米化といった生活習慣が大きく関わっているとされ、ほとんどは良性の大腸ポリープから発生します。進行しないと自覚症状が現れないため、自覚症状のない段階から定期的に大腸カメラ検査を受け、良性の大腸ポリープの時点で切除しておくことが大腸がんの予防につながります。
当院では大腸カメラ検査に対する「つらい」「苦しい」「痛い」「恥ずかしい」というイメージや検査に対する不安を解消できるような環境をめざし、1人でも多くの方に定期的に大腸カメラ検査を受けていただきたいと考えております。検診で便潜血反応が陽性になった方、あるいは日ごろから便や腸などに不安がある方は、お気軽にご相談ください。

大腸カメラ検査を受けやすくする工夫

①前処置

大腸カメラ検査の前には腸管洗浄液(下剤)を飲んで腸内をきれいにする必要があり、大腸カメラが大変といわれる要因の一つにもなっています。現在複数のメーカーから味や飲み方の異なる下剤が発売されており、選択肢が増えております。医師へご相談ください。

②炭酸ガス送気

③麻酔(鎮静剤・鎮痛剤)の使用

麻酔(鎮静剤、鎮痛剤)を使用することで苦痛の少ない検査を行うことができます。体格や状態に合わせて量や種類を調整します。検査に対して不安や恐怖心が強い方は「最初から最後まで眠ったままの状態」に、検査画面を一緒に見たいという方は「苦痛を取り除く程度の状態」に、というように患者様の希望を目指して調整しますのでご相談ください。
また緊張してしまうと腸も余計に動いてしまい、内視鏡が奥に進みにくくなることがあります。鎮静剤の使用により、身体の力が抜けリラックスした状態になることで、内視鏡の挿入や大腸の観察自体をスムーズに行うことができます。

麻酔(鎮静剤、鎮痛剤)が強く推奨される方

  • 大腸カメラ検査を初めて受ける方
  • 大腸カメラ検査に不安や恐怖心を強く持たれている方
  • 以前受けた大腸カメラ検査で、強い痛みや苦痛を経験された方

検査終了後は、鎮静剤の効果が切れるまでリカバリールームでしばらく休憩していただきます。
鎮静剤を使用した場合には、原則お車の運転はできなくなります。(鎮静剤に関してご不明な点がございましたら、医師と相談して下さい) 

大腸カメラ検査の流れ

1

検査予約

外来受診時にご予約ができます。
Webでも予約をして確保することができますが、1週間前までの診察が必要になります。
検査予約日の1週間前までに診察を受けに当院を受診してください。
 
※WEBでの予約は一部ですので、希望する日付での予約ができない場合はご相談ください。

2

検査数日前

血液を固まらなくする薬は検査数日前から中止する場合があります。
休薬の日数はくすりによって違いがあります。診察時にご説明します。

3

検査前日

検査当日の腸管洗浄液で大腸がきれいになりやすいように、軽い食事や大腸検査食をとっていただきます。
夕食は夜9時までにとってください。夕食後、水分はとっていただいてもかまいません。
夜9時頃に下剤を内服していただきます。

4

検査当日

朝から腸管洗浄液を飲んでいただきます。
①自宅で飲む場合
事前の説明通りに朝から腸管洗浄液をお飲みください。
朝食はとらず、いつも飲んでいるお薬も飲まないでください。(休薬が危険なお薬は診察時の指示に従ってください)
便がきれいになった後、予約枠の30分前までにご来院ください。
便がきれいにならない場合でも、予定の時間になりましたらご来院ください。必要に応じて追加の処置をさせていただきます。
来院後に検査着に着替えていただきます。

②当院で飲む場合
朝9時に絶食でご来院ください。
いつも飲んでいるお薬も飲まないでください。(休薬が危険なお薬は診察時の指示に従ってください)
前処置の半個室ブースで腸管洗浄液を飲んでいただきます。便の性状はスタッフがチェックしますのでお声がけください。
準備ができ次第、検査着に着替えていただきます。

「問診票」「同意書」をダウンロード・印刷していただき、記載して持参していただきますとスムーズに診療が進みます。

5

検査

検査前に点滴をし、麻酔薬(鎮静剤、鎮痛剤)や鎮痙剤(腸の動きを止める薬)を投与した後に検査を始めます。
検査時間は10~30分程度です。大腸ポリープを切除した際には長くかかります。

6

検査後

鎮静剤を使用して大腸検査を行った場合には検査後に1時間程度リカバリールームで休んでいただきます。
鎮静剤を使用した場合には、お車の運転はできなくなりますのでご注意下さい。
(鎮静剤に関してご不明な点がございましたら、医師と相談して下さい)
ポリープを切除した際には、検査後にまれに出血することがあります。
約1週間は激しい運動、長時間の入浴、サウナ、深酒等を控えてください。遠方への旅行も控えたほうがよいでしょう。

大腸カメラ検査はこのような方にお勧めです

  • 血便がみられた方
  • 下痢が続く方
  • 急に便が細くなった方
  • 便が出にくくなった方
  • 慢性的な腹痛がある方
  • 検診で便潜血反応が陽性だった方
  • 過去に大腸ポリープを切除した方
  • 血縁者に大腸がんになった人がいる方
  • 40歳を過ぎて一度も大腸カメラ検査をしたことない方
  • 糖尿病
  • 肥満の方

大腸カメラ検査でわかる代表的な疾患

  • 大腸ポリープ
  • 大腸がん
  • 炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)
  • 粘膜下腫瘍
  • 大腸憩室症
  • 虚血性大腸炎
  • 感染性腸炎
  • 過敏性腸症候群(大腸カメラ検査で異常がないことを確認する必要があります)